SORAMIMI

アクセスカウンタ

zoom RSS 短編『生きてる 生きてく』

<<   作成日時 : 2015/12/13 17:56   >>

ナイス ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 0

 やっと仕事の方がひと段落できたかなと思ったら、11月は体調を崩してました。
 今回の話は、福山さんの歌がタイトルですが、これは福山さんが結婚される前に半分ほど書いていました。この歌を聴いて、「福山さんは遺伝子を残したいのか」と思ったのですが、やっぱり、そうだったんだなあと結婚の話を聞いたときは納得してました。
 今回は、『方舟』の最初の方で、古代くんが艦長室へ行ったあとの話です。
 その後のガトランティスからの攻撃のとき、遅れて第一艦橋へきた真田さんは、まさか、トイレ休憩ではないでしょう(ゲームではそんなこともあったのですが)。
 

『生きてる 生きてく』
 
 真田志郎は、艦長室のドアをノックした。
「入りたまえ」
 ドアを開けると、艦医の佐渡酒造が朝の検診をすませたばかりのようで、器具の片付けをしている最中であった。
「艦長、カップ類は、今洗浄機に入れましたから、2分後には使えます」
 原田真琴がスイッチを入れる。
「ありがとう」
 今日の沖田の声は張りがある。
「艦長、今日は人がよく来ますな。疲れないように、適度に横になってください」
 佐渡が目を細めて、話す。病気自体がよくなっていないのは、志郎にもわかっていた。が、今日の沖田は機嫌がいい。
「さっきは古代が来ててのお」
 佐渡が志郎に告げる。志郎は沖田の機嫌のよさの理由を知った。
「では、艦長、失礼します」
 佐渡たちが出て行くと、艦長室は静かになった。
「副長、すまないな、呼び出してしまって」
「いえ」
 志郎が艦長室に来たのは、沖田から話したいことがあるということで、手が空いたら艦長室に来るようにということだった。
「艦の管理だけでなく、コスモリバースシステムのことまで、君に託してしまって」
「私が不器用故、副長の業務は、古代にサポートしてもらっています」
 志郎は目を伏せた。未知のシステムを地球到達まで、運用することができるようにしなければならないという課題を抱え、ヤマトの運行については、ほとんど関わることができなくなっていた。
「古代か」
「はい」
 沖田が柔らかな笑みを浮かべた。
「その古代のことだが」
 沖田は言葉を続けた。
「どうだろう、君の代理を古代に正式に務めてもらうのは」
「私の代理ですか」
「ああ、副長の代理として、緊急時にも戦闘等の指揮を取れるように、きちんとしておきたいのだ」
 それは、沖田自身の緊急時ということを念頭に話しているのだと、志郎は感じた。
「それは賛成です」
(本来は……と志郎は言いかけようと思った言葉をしまった)
 本来、古代守が副長をする予定であった。守と進は性格が違うが、気質・能力は似ている。 
「古代が」
 沖田が言葉を続けた。
「古代進がメ一号作戦後、私のところにやってきたとき、私は、古代守を思い出していた」
「古代守……」
 志郎はつぶやいた。
「第二次火星域会戦の前に、まだ学生だった古代守が私のところに突然やってきた。『自分は作戦を一つ持っている』そう言ってね。相手のふところに入りこんで戦う、近接戦法しかないと言うんだ。ならばやってみろと、学生の古代守を砲雷長にした」
 沖田はふふっと笑った。
 それは、沖田がかなり強引に周りを説き伏せての抜擢だった。だが、圧倒的な火力の差があっての近接戦闘は弱い側は飛び込んで勝負をかけなければならない。
「奴の想像以上の戦場だった。結局、古代守には、そんな戦場しか見せてやれなかった……だが、」
沖田はそっと目を閉じた。
「だが、あの二人には夢をかなえてもらった」
「夢、ですか」
 志郎は、いつもと違う饒舌な沖田の話を聞こうと思った。
「たわいのない夢だ。ガミラスと出会う前、我々地球人は夢を抱いていた。初めて出会う異性人と共存できる、友になれるはずだと」
 志郎は、守の笑顔を思い出していた。どんなに低い可能性かもしれないけれど、この世には可能性ゼロはないのだと笑っていた友の顔を思い出していた。
 ガガーン
 突然の攻撃を受け、ヤマトの巨体が大きく揺れる。
 志郎は、床に倒れた沖田に駆け寄り、起こした。
 何人かのあわてた声が艦長室に響く。艦長室には、第一艦橋の音声が非常時聞こえるようになっていた。
 やがて、第一艦橋から古代進の声が聞こえ、的確に指揮をしていくのを二人はしばし聞いていた。
 沖田は気遣う志郎の手をどけ、大きくうなずいた。志郎は、立ち上がり敬礼すると、第一艦橋へ下りていった。
 第一艦橋に入った志郎が見たのは、きびきびと指示を出していく古代進の姿だった。その姿は、守の姿と重なった。
 真田志郎は微笑んだ。

おわり
 

 もっと長い話になる予定でしたが、ちょっとまとめてしまいました。基本迷うと、その文章は削除していくのですが、今回も最後の真田さんのつぶやきは削除しちゃいました。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 11
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
短編『生きてる 生きてく』 SORAMIMI/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる